和歌山城の牡丹の花

桜の花も終わり、たくさんの花が咲き乱れる季節になりました。

桜祭りが終わった和歌山城を訪れると、ひときわ目を引く赤い花が。
近づいてみると、牡丹の花でした。
しっとりとしていて、そのまま水墨画になりそうな雰囲気です。

美人の形容詞として「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」という言葉を聞きますが、ずっと見ていたくなるような綺麗な花でした。

子供の頃、父親がベランダで牡丹を育てていましたが、虫がつきやすいなどで難しかったみたいです。
私も来年はチャレンジしてみようかな。

就業規則・労務管理・助成金なら森本社会保険労務士事務所

お気軽にお問い合わせください。
TEL:073-460-9935

    略歴:大学卒業後商社勤務→公的機関の総務→社労士試験合格→開業。好きなこと:美味しいコーヒーを飲むこと。森林浴。愛犬と遊ぶこと。 ブログには愛犬の甲斐犬のことや気楽な記事を投稿しています。ホッと一息つきたいときにどうぞ。